MENU

Xiaomi Mi Smart Band 6 を旧型と比較して買い替えたレビュー

目次

Mi スマートバンド 6 を旧型と比較する

スマートバンド界を牽引してきた「Xiaomi」から血中酸素濃度も測れる

「Mi Smart Band 6」 が日本国内でも発売されました。

そこで改めて「Miスマートバンド」を比較レビューしていきます。

どのモデルも実際に私が購入して試した結果です。

他モデルのおすすめ

公式サイトはこちらから
・外部サイト:Miスマートバンド4> Xiaomi
外部サイト:Miスマートバンド5> Xiaomi
・外部サイト:Miスマートバンド6> Xiaomi

Mi Band 6/5/4の発売日と価格を比較

最新モデルの「6」と「5」では本体の価格差が「約1500円」となっています。

もし3人家族全員でスマートバンドを揃える場合は

1500円×3 =「約4500円」の差額となり1本分の差が生まれます。

そのため、複数の購入を検討している場合は「Mi Smart Band 5」がおすすめです。

スマートバンド発売日参考価格
Mi スマートバンド 4 2019年12月09日 約3800円 (購入時)
Mi スマートバンド 5 2020年12月24日 約4000円 (購入時)
Mi スマートバンド 6 2021年06月14日 約5500円 (購入時)
Mi スマートバンドの「発売日」と「参考価格」

Mi Band 6/5/4の液晶サイズと使っての電池持ち

Mi Bandを使用してかれこれ2年になりますが実際に各モデルを使用した感想としては

圧倒的に「Mi Smart Band 4」の電池持ちが良いです。

これは電池容量が「Band 4」のみ「135mAh」と他モデルのより多いことも影響していると予想しています。

また、高機能な「Band 6」は多彩な機能を常時ONで使用すると明らかに短くなります。

スマートバンド液晶電池持ち
Mi スマートバンド 40.95インチ最大20日(長持ちモード)
Mi スマートバンド 51.1インチ最大20日(長持ちモード)
Mi スマートバンド 6 1.56インチ最大19日(長持ちモード)
Miスマートバンドの「液晶サイズ」と「電池持ち」

Band「4と5」で共通な部分

旧型にあたる Mi Smart Badn「4と5」で共通な部分は少なく、

最新型の「Band 6」ではタッチボタンが廃止されて全面液晶となります。

タッチボタンは「Mi Smart Band 7」で復活すると言うウワサもありますが、

私も画面をスリープから解除するときに便利だったので付けて欲しい機能です。

Band「5と6」で共通な部分

Mi Smart Band の「5」と「6」で共通な部分
  • マグネット式の充電ケーブル
  • バンドからのカメラシャッター操作
  • ストレスモニタリング
  • 呼吸エクササイズ

私のおすすめは「Xiaomi Mi Smart Band 6」

Mi-Smart-Band-6

価格差を超えて私が「6」を推す理由は「SpO2測定」にあります。

「SpO2測定」には「約1500円」を超える価値があります。

もし価格的に余力があれば他メーカーも検討をおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次